天竺様(大仏様)とは 〜建築学生が解説〜

天竺様(てんじくよう)とは鎌倉時代に東大寺の再建にあたり輸入された寺院建築様式。大仏様(だいぶつよう)とも言う。浄土寺浄土堂の仏堂などに見られる。挿肘木(さしひじき)を特徴に持つ。



バサリアン
日本の寺院建築について、それぞれの特徴と代表建築を整理して覚えておこう。
ここにまとめてあるよ。