寝殿造りとは 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

寝殿造り(しんでんづくり)とは、平安時代の貴族の住宅様式。古代の高床式住居が発展したものである。
中央の南向きの寝殿を中心にその東,北,西に対の屋(たいのや)があり、それを廊下である渡殿(わたどの)で繋ぐ。寝殿の南側には南庭があり、平安貴族の様々な儀式が行なわれたいた。また、南庭を隔てて池があり、東西から南に向かって伸びる中門郎(ちゅうもんろう)の南端に、この池に面して釣殿(つりどの)を建てる。
当時の寝殿造様式の建築として現在まで残るものは無い。

寝殿について

寝殿は檜皮葺の母屋を中心として、その周辺を庇・簀子などを巡らせている。四隅に出入り口となる妻戸を設け、その他の周囲には蔀戸を吊り、基本的には壁を作らずに屏風や几帳で間仕切りし、日中は蔀戸を開け放つことで非常に開放的な空間となっていた。

中門廊について

寝殿造りにおいて、東西の対屋から南方に伸びて釣殿に通じる廊。廊の途中には門があり、寝殿や対への出入口として利用された。南庭を囲むように配置されており、中門廊からは南庭を臨むことができる。

バサリアン
塗籠蔀戸も合わせて確認しておこう!

shiro
各様式の「時代」と「特徴」さらにある場合は、「代表的な建築物」を覚えておくといいよ。