神明造りとは 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

神明造り(しんめいづくり)とは、伊勢神宮内宮正殿に見られる古代の神社建築様式の一つ。
切妻屋根の平入り。全て円柱の掘り立て柱で、特に妻側には直接棟木(むなぎ)を支える棟持柱(むなもちばしら)がある。また、周りには高欄がある。

shiro
神明造りは、「切妻屋根」 「平入り」 「高欄あり」 だね!

バサリアン
古代の神社建築の代表的な3様式である神明造り大社造り住吉造りを整理して覚えておこう。