落水荘・カウフマン邸とは  〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

落水荘(らくすいそう)、別名カウフマン邸とは、1936年に近代建築の3大巨匠の一人フランク・ロイド・ライトによってペンシルベニア州に建てられた住宅建築。E・J・カウフマンの別荘である。清流が落下する滝の上の岩盤に建設され、2層の床スラブで支えられたバルコニーがキャンチレバーにより滝の上に張り出す姿はとてもダイナミックである。また、水平と垂直な線で構成された人工美が豊かな自然と調和し、ライトの提唱した『有機的建築』の典型を見ることができる。

バサリアン
フランク・ロイド・ライトの代表建築として落水荘、グッゲンハイム美術館、ジョンソン・ワックス本社をおさえておこう! 。