住宅地における人と車の動線 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

ラドバーン・システム(人と車の動線分離)

ラドバーンシステムは1920年代にアメリカのニュージャージー州ラドバーン地区で考案された都市計画方式。

ラドバーンでは、スーパーブロックの外周道路から分岐する袋小路(クルドサック)によって自動車を処理し、歩行者と車の完全な分離を計った。[歩車分離]

ボンエルフ(人と車の共存道路)

人と車を完全に分離するのではなく、生活の場として機能を重視して、共存関係を実現しようとする手法である。  [歩車共存]

生活道路において、車道を蛇行させるなどして自動車の速度を下げさせ、歩行者との共存を図ろうとする道路のこと。景観の美化の役割も担う。