メタボリズムとは 〜建築学生が解説〜

1959年、モダニズム建築を主導してきたCIAMが事実上解散し、CIAMの若手メンバーにより作られたチームXが世界の若い建築家に影響を与えた。日本の若手建築家たちも彼らと交流し影響を受けたのが始まり。

概要

1960年に日本で開催された世界デザイン会議のために結成されたグループの名称。
建築が取り替えによって維持・運営されているという考えが根底にあり、生物学で新陳代謝を意味するメタボリズムという言葉がグループ名となった。

メタボリズム(新陳代謝)では、「人間の成長や社会の変化に合わせて、生物のように有機的に成長できる都市や建築」を目指した。

日本人建築家による初めて国際的に着目された建築理論である。

特徴

メタボリズムでは、建築全体を構成する最小要素としての空間(カプセル)が取り出され、これを機能変化に対応させることで、成長、変化、代謝、過程、流動性といった時間に関わる諸概念が建築に導入された。

ex)代表建築
中銀カプセルタワービル/黒川紀章、エキスポタワー/菊竹清訓、
山梨文化会館/丹下健三、ヒルサイドテラス/槇文彦

メンバー

(建築家)槇文彦菊竹清訓黒川紀章、浅田孝、大高正人

(デザイナー)栗津潔、栄久庵憲司

(評論家)川添登

shiro
彼らの建築は、高度経済成長という当時の日本の人口増加と都市の急速な膨張に応えるものだったよ。