春日造りとは 〜建築学生が解説〜

春日造り(かすがづくり)とは、春日大社に見られる奈良時代の神社建築様式の一つ。
切妻屋根の妻入り。正面には階隠し(はしかくし)、(むね)には置き千木(おきちぎ)、鰹木(かつおぎ)が付いている。高欄は無い。

バサリアン
奈良時代の神社建築である春日造り流造り八幡造りを整理して覚えておこう。