唐様(禅宗様)とは 〜建築学生が解説〜

唐様(からよう)とは、鎌倉時代に天竺様と共に発展した鎌倉新様式。禅宗様(ぜんしゅうよう)とも言う。
円覚寺舎利殿などの禅宗の寺院建築に見られる。海老虹梁(えびこうりょう)、(ちまき)、礎盤(そばん)、火頭窓(かとうまど)などの他にも柱間に組物を置き詰組(つめぐみ)とする特徴を持つ。



バサリアン
日本の寺院建築について、それぞれの特徴と代表建築を整理して覚えておこう。
ここにまとめてあるよ。