建築物の環境衛生管理基準について 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]


「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」= 「建築物衛生法」

床面積3,000㎡以上の事務所、百貨店など「特定建築物」が対象。


空気調和の4要素(冷暖房における設定温度と人間の健康)


○温度

条件:17度以上 28度以下

   居室における温度を外気温より低くする場合は著しくしないこと


○湿度

条件:40%以上 70%以下


○気流

条件:0.5m/s 以下


○空気清浄

管理基準環境条件
浮遊粉塵の量0.15 mg/㎥ 以下
一酸化炭素の含有率10 ppm 以下
(ただし外気中の濃度が高く、この値が10ppmを超える場合は20ppm以下)
炭酸ガスの含有率1000 ppm 以下
ホルムアルデヒド0.1 mg/㎥ 以下