住宅の平面計画について 〜1級建築士を独学で目指す建築学生向け!【無料講座】〜

[ 建築単語集 ]

住宅建築はその平面形式によって次のように分類される。

住宅の平面形式

一室型住宅

居間・食事室・台所・寝室などの空間が一体となるもの。
戦後の住宅難で生まれた形式で、現在でも一つの手法として見なされている。


コア型住宅

コア型住宅イメージ図

便所・浴室などを住宅の中心に構えてコア(核)とし、その周囲に居室を配置するもの。
廊下などの面積が最小化されることと、各居室が外に面すると言うメリットがある。


コートハウス

コートハウスイメージ図

中庭を囲むように居室を等を配置したもの。
正面のない家(西澤文隆)や住吉の長屋(安藤忠雄)などがこれにあたる。


分離並列住宅

サービス空間を北側に、居室空間を南側に配置し、分離して並列させるもの。
中間に廊下を通せば、中廊下型である。


バサリアン
基本的な住宅の計画についてと「集合住宅の分類」についても確認しておこう!!