医療施設の計画 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

医療施設の分類

施設概要
診療所ベット数が19以下(無床も含む)
病院ベット数が20以上
総合病院ベット数100以上内科・外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科の診療科目を持つ

総合病院各部署の計画

管理部:受付、医局、管理、事務  供給部:給食、洗濯、物品、廃棄、設備

○病棟部

病棟は1看護チーム(8〜10人)が担当する患者グループのまとまりとして計画。


病棟

  • 一般(内科・外科) 40~50ベット/看護チーム
  • 産科・小児科 30ベット/看護チーム

病室

  • 個室 ≧ 6.4㎡以上 / 人
  • 2人室以上 ≧ 4.3㎡以上 / 人

ICU (集中治療室)

40~60㎡ / 室

手術部と関係が深いので隣接させる。


cf) 産科病棟でおいて陣痛(Labor)・分娩(Delivery)・回復(Recovery)を一室で行う方式をLDRという。


○中央診療部

サプライセンター、手術部、リハビリテーション部、放射線治療部、検査部、薬局、などの施設を合理化のため集中して設置した部門として、外来診療部と病棟の中間に置く

サプライセンター

  • 病院全体の医薬品や医療機器を消毒、支給する施設。物品管理を行う。

手術部

  • 通り抜けのない位置に置く
  • 汚染対策を考慮し、全室を配置するとともに空調設備も完備する
  • サプライセンターと近接して配置


○外来診療部

中央診療部の診察とは別に、外来専用の診察室が診察科目ごとに設けられる。

主要諸室は、待合室、外来受付、外来診察室であり病院入口付近に設ける。

内科は患者の出入りが多いので、外来で入口近くに配置し、小児科は他科と分離して配置する。