八幡造りとは 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

八幡造り(はちまんづくり)とは、宇佐神宮などに見られる奈良時代の神社建築様式の一つ。
切妻屋根の平入り。拝殿と本殿が前後に繋がり、間には相の間(あいのま)と呼ばれる一間分の空間がある。

バサリアン
相の間は別名石の間と呼ばれたりもするよ。
バサリアン
奈良時代の神社建築である春日造り流造り八幡造りを整理して覚えておこう。