グッゲンハイム美術館とは 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

グッゲンハイム美術館とは、近代建築の3代巨匠の一人フランク・ロイド・ライトの遺作の一つ。 アメリカのニューヨークにて、1943〜1960年にかけてようやく完成した。巻貝の形をモチーフにしたとされるスパイラル空間は6階分の吹き抜けになっており、スロープに沿って徐々に下りながら作品を鑑賞させる設計はエンドレス空間を意味している。これはライトが求めた究極の造形とも言える。

バサリアン
フランク・ロイド・ライトの代表建築として落水荘グッゲンハイム美術館、ジョンソン・ワックス本社をおさえておこう! 。