ドイツ工作連盟 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

当時のドイツはイギリス・フランスに比べ工業化が遅れていてドイツの建築家ヘルマン・ムテジウスが、産業育成を目指して、1907年にドイツ工作連盟を設立。

ドイツ工作連盟では「機械」による工業化規格化を目標にして、建築の デザインも「機械」に倣うべきだと考えた。

工業化:高品質な製品を安価で大量に供給
規格化:工業化された製品の輸出を拡大


のちにドイツ工作連盟で活動していたヴァルター・グロピウスを初代校長としてバウハウスの開校(1919)

バウハウスとは芸術と産業を統合したデザイン教育機関

「ドイツ工作連盟」の主な建築家

・ペーター・ベーレンス(1868-1940)

           :AEGタービン工場(1910)

ヴァルター・グロピウス(1883-1969)


           :ファグス靴型工(1911)


           :モデル工場(1914)・・・・・(ドイツ工作連盟展)


           :バウハウス初代校長(1919)


           :バウハウス校舎(1926)

バウハウス

BAUHAUSはドイツ語で「建築の家」を意味し、建築・美術・工芸を包含した新しい建築の創造を目指し、国立の総合芸術学校として1919年に設立された。

○ 設立時理念

・工芸や美術を建築の下に統合

・手仕事の工芸を創造の源として重視すること

バウハウスは総合的に工業化社会のデザインに取組んだ。

shiro
バウハウスの校長は初代がヴァルター・グロピウスで、2代目がハンネス・マイヤーで、3代目がミース・ファン・デル・ローエだよ!