断熱工法の種類と特徴 〜1級建築士を独学で目指す建築学生向け!【無料講座】〜

[ 建築単語集 ]

外断熱と内断熱


断熱方法には、外断熱と内断熱があり、断熱性能が良いほど冷房や暖房の効きがよく、光熱費も抑えられる。

 外断熱は建物全体を断熱材で包み込むことで室内温度を保つ。外断熱にすると、屋外の気温と室内の気温差が少なくなり、建物内部の結露防止にも役立つ。その反面、外壁が厚くなるため間取りに余裕が必要とされることや断熱材の上から外壁材を留めるため、地震に対して少し弱くなる。

 一方で内断熱は、柱のあいだに断熱材を設置するので外壁に影響を与えず、外断熱よりも費用が安い。しかし、外断熱に比べて気密性が低く、その機密性の低さから結露も起きやすい


木造と鉄筋コンクリート造の断熱方法の違い

各種断熱パターンと<冬期における室内から室外へにかけての温度曲線を示した。>


○RC造内断熱
 暖房の影響により室内側で高い温度は、断熱材内で急低下し、その後躯体内であるコンクリート内部で若干低下して室外の温度に達する。
 断熱材内の躯体に近い部分で空気中の水蒸気が飽和状態に達し、結露が発生する。この結露による水分は逃げ場がないため、断熱材内に蓄積され断熱材の断熱性を著しく低下させる。


○RC造外断熱
 断熱材を躯体の室外側に置くため、断熱材の室外側に結露が発生しこの位置では水分が室外側に逃げることができるため、蓄積されず断熱材の断熱性に悪影響を及ぼしにくい。
 さらに熱容量の大きいコンクリート躯体を蓄熱体として利用できるため、一度温まったら冷めにくい熱効率の良い室内空間を得ることができる。省エネルギー効果がある。


○木造躯体断熱
 木造躯体内部に断熱材を置くため、躯体内で結露が発生し、この位置では水分の逃げ場がなく断熱材内や躯体内に蓄積される。
 木造躯体内に蓄積された水分は腐朽を促進させ耐久性の低下につながる。断熱材の断熱性も低下させる。


○木造外断熱
 断熱材を躯体の室外側に置くため、RC造外断熱と同様に、断熱材の室外側に結露が発生しこの位置では水分が室外側に逃げることができるため、蓄積されず断熱材の断熱性に悪影響を及ぼしにくい。
 ただし木造の場合、躯体の熱容量が小さいためRC造外断熱で見られたような省エネルギー効果は期待できない