台目畳とは 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

台目畳(だいめたたみ)とは、通常の3/4程の大きさの畳。

畳の種類と大きさ

名前サイズ
丸畳(まるだたみ)一畳:1909×955mm
大目畳(だいめたたみ)3/4の大きさ
間中(まなか)1/2の大きさ
小間中(こまなか)1/4の大きさ



バサリアン
数奇屋造り妙喜庵待庵にみられる特徴として覚えておこう。