CIAMとは 〜建築学生が解説〜

[ 建築単語集 ]

概要

CIAM (Congress International Architecture Modern)…近代建築国際会議は、建築家たちが集まり都市・建築の将来について討論を重ねた国際会議。

コルビュジェらが国際連盟本部のコンペの結果に不満を持ち、ヨーロッパの建築家(24人)が結集し、新古典主義に対抗しようとしたことが始まり。

主な参加者

 S.ギーディオン(事務総長)、L.コルビュジェ

 M.v.d.ローエ、W.グロピウス、G.H.リートフェルト

 H.マイヤー、J.L.セルト

主な活動

回 都市主な議題
第1回1928ラ・サラスイスCIAM結成(ラ・サラ宣言
第2回1929フランクフルトドイツ生活最小限住宅
第3回1930ブリュッセルベルギー合理的区画割
第4回1933アテネギリシャ機能的都市   アテネ憲章⇒居住・余暇・労働・交通
第5回1937パリフランス住居と余暇
第6回1947ブリッジウォーターイギリス戦後の再出発
第7回1949ベルガモイタリアアテネ憲章の実践
第8回1951ホッデスドンイギリス都市のコア
第9回1953エクサンプロヴァンスフランス住宅憲章
第10回1956ドゥブロヴニクユーゴスラビア住宅憲章の検討
活動年表

全10回開催され、第10回以降はチームXに引き継がれる。



チームXについて


CIAM第9回で若手メンバーが「アテネ憲章」に反対し、CIAM第10回を実質的に組織したことで新たに「チームX」と呼ばれるようになった。


○主なメンバー
・ジョージ・キャンディリス(仏)(1913-1995)
・ヤコプ・バケマ(蘭)(1914-1981)
・アルド・ファン・アイク(蘭)(1918-1999)
・ジャンカルロ・デ・カルロ(伊)(1919-2005)
・ピーター・スミッソン(英)(1923-2003)
・アリソン・スミッソン(英)(1928-1993)


○CIAMとチームXの思想の違い

CIAMの思想(アテネ憲章)チームXの思想
・ 都市を「居住労働余暇交通」で分類

鳥瞰的に捉えたゾーニングを重視

・都市を「住まい通り地域まち」で認識

人間中心のアイレベルの視点を重視